ルイ=アントワーヌ・リュイット

 

 

 

初めてチリを訪れたのが1998年の7月。レストランで働き始め、これがのちにワインの道へとつながることになります。

 

チリとフランスで数年を過ごしたのち、フランスのボーヌで栽培学を修得。そして2006年、自身のプロジェクト”クロ・オヴェル”を設立します。

 

 

ニュース

15.04.2015

 

ルイ=アントワーヌのワインがあのRAWワインフェアに登場します。5月の17&18日、ロンドンでお会いしましょう!

 

05.01.2015

- 1月、ルイ=アントワーヌが東京と大阪を訪れます。

 

- また2月の1、2日にはフランス・ソミュールの展示会ディヴ・ブテイユにてプレゼンテーションを行う予定です。

Audiovisual

ルイ=アントワーヌ・リュイットと372キロ

 

ルイ=アントワーヌ・リュイットが日本のワインインポーター合田泰子氏の質問に答えます

 

チリにおけるワインのミッションそしてこれまで実現したことについてどう考えているか?

10年後の将来はどうなっているか?

マルセル・ラピエールから学んだことは?

 

音声:フランス語/字幕:日本語

© 2023 by Mel's Vineyard, Ltd. Proudly made by Wix.com

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
LOGO CONDOR.JPG